降雪中止も何の!JR東日本・十亀「優勝狙う」

[ 2011年3月8日 06:00 ]

順延決定後「QVCマリンフィールド」のブルペンで投球練習するJR東日本・金(左)と十亀

 第66回JABA東京スポニチ大会は7日、3会場で8試合を予定していたが雪のため中止となった。7日の中止分の8試合は10日に行われ、準決勝、決勝は11日に順延となることが決まった。

 未明から降り積もる雪の影響で、午前7時30分に中止が決定。第1試合で日本製紙石巻と対戦予定だったJR東日本ナインはQVCマリン内で軽く汗を流した。

 ブルペンで47球を投げ込んだ2年目右腕の十亀は「今年最初の大会なので全員で優勝を狙います」と中止決定にも緊張感はキープ。堀井監督は「特に投手陣の仕上がりを見たい」と、仕切り直しの一戦に向け十亀ら若手投手陣に期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月8日のニュース