役者がそろった西武「いることでチームが締まる」

[ 2011年3月8日 17:30 ]

オープン戦 西武1―0阪神

(3月8日 皇子山)
 2月に鼻の手術を受け、2軍で調整していた西武の栗山が合流し「2番・中堅手」で先発した。4打席で無安打だったが「まだ僕の中ではキャンプ中。元気にゲームに出たことが良かった」と1軍復帰を喜んだ。

 キャンプ中に右足甲を痛めた片岡も初めて先発で出場。「足はちょっと痛いけど大丈夫」と状態は上がっている様子で、五回に適時打を放った。1、2番コンビが顔をそろえ、渡辺監督は「いることでチームが締まる。一つの核ができる」と笑顔だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月8日のニュース