岩村初の4番 打ち気「120%」も成長の四球

[ 2011年2月16日 06:00 ]

紅白戦の1回裏1死一、二塁、岩村が打ち気を堪え四球を選ぶ

◇紅白戦 紅組4-4白組

(2月15日 久米島)
 楽天・岩村は「プロのユニホームを着て初めて」という4番で出場。初回1死一、二塁ではフルカウントから田中の投じた外角球を見極め四球を選ぶと、3回には一塁内野安打を放った。

 「(初回は)打ちたい気持ちは120%。でもグッと我慢した。これがアメリカで学んできたもの」。ヤクルト時代は積極的な打撃で三振も多かったが、メジャーでは1番などを経験しチーム打撃も身につけた。山崎が不振の際には4番を打つこともあるが「ないでしょう。くすぐったい」と笑った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年2月16日のニュース