中田翔 猛打賞2打点 詰まっても逆方向に本塁打

[ 2011年2月16日 15:20 ]

阪神との練習試合で、4回に本塁打を放ち迎えられる日本ハム・中田

練習試合 日本ハム2―2阪神

(2月16日 沖縄・名護)
 日本ハムの中田が16日、沖縄・名護での阪神との練習試合でソロ本塁打も含めて3安打2打点と活躍した。

 「4番・左翼」で出場した中田は第1打席二飛の後の4回、阪神2番手の鄭から右中間へ放り込んだ。3打席目は左前打。8回の4打席目は、同点となる二塁への内野安打を記録し、3安打2打点と大活躍だった。

 内角低めの直球、詰まりながらも右中間スタンドまで運んだ練習試合3本目のアーチにスタンドからどよめきが起き、中田も「普段からやっていることができたからこそ右方向に打てた」と納得顔。飛ばない、といわれる統一球も今季の中田には関係ないようで、4年目にしてようやく初の2ケタ本塁打に届く可能性が大きくなった。

 梨田監督は「風のおかげもあった」としながらも、今年の中田は「計算できる」と高評価した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月16日のニュース