ベテラン扱いの高橋尚「自分の好きなようにやってくれという感じ」

[ 2011年2月16日 10:19 ]

キャッチボールを終え、笑顔を見せるエンゼルスの高橋

 キャンプ2日目のエンゼルス高橋は投球練習は行わず、守備練習などで汗を流した。

 昨季在籍したメッツのキャンプとの違いを聞かれると「こっちの方がしっかり管理されている感じがする」。メニューはほとんど休みなしに組まれ、ウエートトレーニングなどの個別練習も若手が多いため、コーチが指導する。

 その中で高橋はベテランの扱いを受けている。練習中にトレーニング・コーチと話をした際も、メニューを確認したのみ。前日にはソーシア監督から個別の投げ込みを容認する発言もあって、左腕は「自分の好きなようにやってくれ、というのが見える」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月16日のニュース