斎藤 試合を見据え新グラブで練習

[ 2011年2月16日 20:11 ]

 日本ハムの注目ルーキー、斎藤(早大)は、16日の練習を軽めのメニューで切り上げた。「(17日にブルペンで)投げるので、予定通り」と昼すぎには宿舎に戻った。

 ここまで数種類のグラブを使い分けてきた斎藤だが「今持っているのは、多分(試合で)使えないと思う」と投手のグラブの刺しゅうなどを規制するルールが、今季から厳格に適用されると言われていることを懸念。この日は試合を見据えた紺色の新グラブでキャッチボールを行うなど、シーズンに向けて道具の面でも試行錯誤を重ねている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月16日のニュース