ニグロリーグの名投手「ミニット・マン」逝く

[ 2011年2月16日 06:00 ]

1940年代にニグロリーグで活躍したセシル・カイザー氏

 1940年代にニグロリーグで活躍したセシル・カイザー氏が14日、米ミシガン州の自宅で亡くなった。94歳だった。

 同氏は身長1メートル65、体重75キロと小柄ながら、直球を武器に三振を奪う左腕として知られ、テンポの良い投球から「ミニット・マン」の異名を誇った。プエルトリコリーグでも活躍し、現役晩年はデトロイト工業リーグでプレー。過去にはタイガースから当時の功績を称えられた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月16日のニュース