顔面打撲の長野 「指名野手」で紅白戦出場

[ 2011年2月16日 06:00 ]

紅白戦で右翼の守備につく長野

◇紅白戦 紅組1-0白組

(2月15日 サンマリン宮崎)
 巨人・長野が「指名野手」で紅白戦に出場した。白組の2回から右翼に入り守備のみで試合終了まで出場。6日のバントシフト練習で投球を受け左顔面を打撲した影響によるもので、原監督は「ヘルメットをかぶるときに(顔に)当たるということでね。17日(の紅白戦)は出られるでしょ」と説明。

 全体練習後には特打で元西鉄監督の中西太氏に指導を受け「バットの出し方とか下半身の使い方を教えていただきました」と感謝していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年2月16日のニュース