田沢 可動域完全には戻らずも「標準には…」

[ 2011年2月16日 06:00 ]

キャンプイン前日、健康診断を終え練習に向かうレッドソックスの田沢(右)

 昨年4月に右肘の腱移植手術を受けたレッドソックス・田沢は15日、健康診断後に可動域などのテストを受けた。「僕はもともと可動域が広かった。完全に戻ることはないと言われたが、標準には戻るということだった」とほっとした様子。

 練習前には肘を温め、超音波治療などで再発予防をしている。首脳陣からは「プログラムに従っていけば大丈夫。焦る必要はない」と言われたという。また、岡島もダッシュを行うなど精力的に汗を流した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月16日のニュース