斎藤の球を受けたブルペン捕手感心「落ち着きが違う」

[ 2011年1月18日 17:39 ]

ブルペンで投球する日本ハム・斎藤

 日本ハムの斎藤佑樹投手(早大)が18日、千葉県鎌ケ谷市での新人合同自主トレーニングで初めてブルペンに入った。捕手を立たせたまま42球。「5、6割程度。もうちょっと投げたいかなというところでやめた」。第2クール最終日もマイペースを貫いた。

 カーブやスライダーなどを織り交ぜ、捕手のミットから大きく外れる球もあった。だが斎藤は「変化球の投げ方を筋肉に覚えさせたかった」と意に介さない。「しっかりとパフォーマンスを上げていきたい」と本格的な投球練習開始に向け準備を進める。

 斎藤への注目は高まる一方だ。この日もブルペンの横にテレビカメラが並んだ。それでも自分を見失わない右腕に、駒居鉄平ブルペン捕手は「力いっぱい投げちゃう選手もいるけれど、慣れているのか落ち着きが違う」と感心する。

 冷静さの背景には、実力以上のものを出そうとしない姿勢がある。「普通にやっているところを見てもらって、それで実力がなければ2軍で鍛え直せばいい。特に格好を付けたりする必要はない」と斎藤。22歳のルーキーは足元を見詰め、調整を続ける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月18日のニュース