滝鼻オーナー 敵地での“中日叩き”厳命

[ 2011年1月18日 06:00 ]

 スタッフ会議に出席した巨人・滝鼻オーナーが原監督以下、コーチ陣に2つ要望した。

 まずは「強力な塊のチームをつくって、プロ野球という空を駆け巡ってもらいたい。1人2人のスター選手で勝てる訳じゃない」とスローガンの結束を強調。そして「チームの価値を高めないと。緩慢なプレーは許されない。信賞必罰を徹底してもらえば試合を見たファンに満足感を与えられる」とした。さらに「去年はナゴヤドームでの成績が悪かった。中日をどう叩いていくか」と2勝10敗だった敵地での中日戦への対応を課題に挙げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月18日のニュース