ドラ1塩見ら7新人が低酸素トレ

[ 2011年1月18日 06:00 ]

宮城県内の仙台大学で心肺機能を測定する楽天・塩見

 楽天ドラフト1位の塩見(八戸大)ら新人7選手が宮城県内の仙台大を訪問。動体視力や最大酸素摂取量を計測するためにマスクを着用してランニングマシンで走行するなど、最新機器で心肺能力や筋力測定を行った。

 「マスクが邪魔で走りにくかった。まだまだ体力もないです」と塩見。7選手は富士山の6合目に相当する、標高2500メートルの酸素濃度に設定された低酸素室に宿泊。18日も同大学で低酸素トレーニングを行う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月18日のニュース