「こっちでやる」松井、国内で打撃練習へ

[ 2011年1月18日 06:00 ]

 アスレチックスの松井が、09年以来2年ぶりに国内で打撃練習を行う。都内で取材に応じ、「こっち(日本)でやると思います。新しいバットが届いてしばらくしたら」と、早ければ今月中にも練習を開始する見通しを明かした。

 昨季は渡米まで両膝の不安が消えずに見送ったが、現在膝の状態は良好ですでに軽い素振りも再開。自主トレは順調に進んでいるという。またこの日は朗報も届いた。昨季途中までエンゼルスで同僚だったメジャー通算187セーブのフエンテスが、ア軍と2年1050万ドル(約8億7200万円)で合意。昨年リーグ1位のチーム防御率3・56だった投手陣がさらに盤石となり「(今季の戦いが)楽しみですね」と歓迎した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月18日のニュース