中田 母校で柵越え連発!恩師は「今年はやる予感」

[ 2011年1月18日 15:08 ]

ノックのボールが足に当たり痛がる西岡(左)と、笑顔を見せる中田

 日本ハムの中田が17日、プロ入り後初めて母校・大阪桐蔭で自主トレを行った。ツインズの西岡から指導を受けながら行ったロングティーでは半数以上の柵越えを披露。昨年は9本塁打を記録したがシーズン終盤に失速。それだけに「今年が本当の勝負。1歩1歩前進していきたい。西岡さんは格好いい方。やる時はやる方だし、見習っていきたい」と語った。

 恩師である同校野球部の西谷監督も「今年はやるんじゃないか、と予感がある。非常に落ち着いてきた」と期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月18日のニュース