当時2歳だった一二三ら新人8選手が黙とう

[ 2011年1月18日 06:00 ]

 95年の阪神大震災から16年を迎え、阪神の新人8選手も合同自主トレ開始前の午前10時に鳴尾浜球場の右翼ポール際に整列して約1分間黙とうを行った。

 大阪府堺市出身で当時2歳だった一二三は「覚えていないですけど、きょうがそういう日とは知っていた。建物とか高速道路も崩れて」と険しい表情で話した。箕面市出身の穴田は「タンスも全部倒れて危なかったと聞きました。またいつ起こるか分からないので怖いです」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月18日のニュース