右ひじ手術の吉見が自主トレ公開「5、6月から戦力に」

[ 2011年1月18日 18:13 ]

 昨年オフに右ひじの遊離軟骨除去手術を受けた中日の吉見一起投手(26)が18日、愛知県知多市内で自主トレを公開し、約2時間、砂浜でのダッシュなどに取り組んだ。昨季12勝の右腕は「(開幕は)見えていない。できることをやって、5月、6月からでも戦力になれればいい」と話した。

 吉見は現在、ランニングや体力強化中心のメニューをこなし、キャッチボールはしていないという。「沖縄に行ったときに投げようかなと思う。長いスパンで考えて、ことしも結果を出したい」とキャンプを見据えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月18日のニュース