ドジャース敵地で連敗 黒田頼むぞ!

[ 2008年10月12日 06:00 ]

 【ドジャース5-8フィリーズ】先発ビリンズリが3回途中8失点と崩れ、敵地で連敗スタート。主砲のラミレスが今ポストシーズン3号となる一発でただ1人気を吐いた。初回、相手先発マイヤーズに速球を背後に通され威嚇されるも、4回に自身のポストシーズン最多記録を27本塁打に更新する3ランでお返し。相手の攻撃的な投球に「あんな投手がウチにも欲しい。あいつは戦っているからね」と逆に称えていた。トーリ監督は「短いシリーズでは流れをつかむことが大事。1試合で変えられるし、次が大事になる」と力説。チームの命運を託された黒田はチームより一足先にロサンゼルスに戻り、大一番に備えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月12日のニュース