まだ高卒2年目で…坂本が全試合先発出場

[ 2008年10月12日 06:00 ]

<ヤ・巨>今季最終戦に逆転勝ち、ラミレスとハイタッチをする坂本(左)

 【巨人3-2ヤクルト】足が震えた開幕戦から197日。主力選手としてレギュラーシーズンを終えた坂本はグラウンドに一礼した。高卒2年目の全試合先発出場は、87年の清原(西武)以来21年ぶり3人目。セ・リーグでは史上初の偉業に「ホッとしてます。今年は長いようであっという間でした」と大人びた表情で振り返った。

 打率・257、8本塁打、43打点。今季最終戦でも7回に同点打など2安打2四球で勝利に貢献した。「すべての面で経験できた。周りに支えてもらったおかげ」。同僚の山口とともに新人王候補の19歳は、周囲への感謝も忘れなかった。
 08年、スタートも神宮球場だった。3月28日の開幕ヤクルト戦は「8番・二塁」。チームでは94年の松井(現ヤンキース)以来14年ぶりに10代開幕スタメン。2戦目以降は右ふくらはぎを痛めて2軍落ちした二岡に代わり、遊撃を守り続けた。だが執ような内角攻めもあって、7月まで打率は2割台前半に低迷した。
 復調のきっかけも神宮だった。8月19日の試合前、坂本は関係者以外のグラウンドへの侵入を規制する約3メートルの棒を手に素振りした。「思いつきです。全身をつかわないとうまく振れないですね」。あの松井も入団当初はグラウンド整備用のとんぼで素振りを敢行。高橋由も竹竿を使用した。何でも取り入れようとする向上心。8月下旬以降、打率が2割5分を下回ることはなかった。
 急成長を遂げた今季だが、ゴールはまだ先だ。「CS?初体験なので、先輩に聞きながらですね」。過去は振り返らない。19歳は限りなく広がる未来に目を向けている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月12日のニュース