監督の母が死去…フィリーズナイン燃えた

[ 2008年10月12日 06:00 ]

 【フィリース8-5ドジャース】傷心の指揮官に大きな白星をささげた。試合直前に87歳の母ジューンさんを急病で失ったマニエル監督の下、本拠地で2連勝。15年ぶりのリーグ制覇へあと2勝と近づいた。先発のマイヤーズが、投手ではポストシーズン89年ぶりとなる3安打3打点の活躍。試合前に「監督のお母さんのために勝ちます」と伝えたという右腕は「ずっと頭にあった。監督はずっと自分たちに良くしてくれたから」と静かに話した。

 夫を早く亡くし11人の子供を女手一つで育てた母を、同監督は以前「母よりいい人がこの世にいるとは思えない」と語るほど尊敬していた。それでもバージニア州の実家には戻らず、チームにとどまることを決めた。出場機会のなかった田口も「球場に来て知った。普段通りにしようと努めていたけどそれは無理ですよ」と試合前後の会見を欠席した指揮官を気遣った。チームのためつらい決断を下した監督へ、ナインが一つとなる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2008年10月12日のニュース