石井琢と鈴木尚が本拠地最終戦に出場

[ 2008年10月12日 06:00 ]

<横・神>大矢監督(左)と握手をかわし、深々と頭を下げる石井琢

 【横浜5-4阪神】戦力外通告を受けている横浜・石井琢は本拠地最終戦で7回の守備から出場。8回の打席で二ゴロに倒れたが大声援を浴び「20年間で一番いい日だった」と感無量の面持ちだった。試合後には球団側と話し合い、自由契約選手になるもよう。国内から移籍先を模索するが「なかったら台湾でも韓国でもやりたい」とし、横浜と業務提携を結んでいる中国の天津まで候補に挙げ「上から目線じゃなく、いろんな野球を見るのもいい」と語った。引退してコーチ就任か現役続行かで悩んでいる鈴木尚は「近いうちに発表したい」と語るにとどまった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月12日のニュース