秋山監督 コーチに“担当外”指導を指示

[ 2008年10月12日 06:00 ]

 ヤフードーム内で秋山監督の下では初となる監督・コーチ会議を開き、約3時間半にわたって秋季練習、キャンプの方針などを話し合った。秋山監督は「活発な意見が出た。秋は個々の能力をどう高めていくかが大事」と話した。1軍首脳陣は、平均年齢43歳と若返った。外部からの招へいがなかったこともあり、積極的に意見交換しやすい環境となった。指揮官はコーチ陣に「担当外でも話をしながら、選手の能力を高めてほしい。例えば打撃コーチがブルペンを見ることがあってもいい」と担当の垣根を越えた指導を求めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月12日のニュース