岡田監督、南球団社長と会談「もう決めたこと」

[ 2008年10月12日 10:53 ]

辞任の意志は固いとみられる阪神・岡田監督

 阪神の岡田彰布監督(50)は12日、スカイマークスタジアムで今季最終戦の試合前、南信男球団社長と会談し、辞意を伝えた。球団は慰留に努めるが、同監督は「まず勝てなくて申し訳ないと伝えた。(慰留にも)もう決めていること」と話し、辞任の意思は固そうだ。

 阪神は開幕から首位を走り、7月上旬には後続に13ゲーム差をつけた。8月下旬には坂井信也オーナーが口頭で来季続投の意向を伝えた。だがシーズン終盤に失速し、今月10日には巨人が逆転優勝を決めた。11日には岡田監督が選手らに辞意を表明していた。
 南社長は「こういう結果になったけじめ、責任感ということだった。彼1人の責任じゃない」と話し、今後も慰留を続けていく考えを示した。また坂井オーナーも神戸市内で「監督の話を聞いて、思い直してもらうように話をしたい」と語り、13日以降に直接会談の場を設けることを明かした。
 リーグ戦2位の阪神は18日からのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージで同3位の中日と戦う。CSと日本シリーズに進んだ場合は、岡田監督が指揮を執る。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月12日のニュース