桑田ジュニア センバツ出場の夢は散る

[ 2008年10月12日 06:00 ]

 【桜美林2-5早実】秋季高校野球の東京都大会2回戦、元パイレーツ・桑田真澄氏(40)の長男・真樹(1年)が「5番・中堅」で先発出場も、4打数無安打で8回の守備から交代。チームも敗れて来春センバツ出場は絶望的となった。「今後の課題はまだ考えられない。相手はいい投手だった」と肩を落としたが、今秋は通算20打数8安打6打点2本塁打をマーク。観戦に駆けつけた父は「きょうの反省を生かして次頑張れと言いたい」とエールを送っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月12日のニュース