×

松山英樹は3日連続72で通算6オーバー、星野陸也は通算3オーバー 全米プロ第3日

[ 2022年5月22日 02:40 ]

米男子ゴルフツアー 全米プロ選手権 第3日 ( 2022年5月21日    オクラホマ州 サザンヒルズCC=7556ヤード、パー70 )

1番、松山英樹のアプローチショット(AP)
Photo By AP

 64位から出た松山英樹(30=LEXUS)は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72とスコアを落とし、通算6オーバーとなった。同じく64位から出た星野陸也(26=興和)は4バーディー、3ボギーの69で回り、通算3オーバーでホールアウトした。

 松山は1番パー4でフェアウエーバンカーからの第2打をピン手前14メートルに乗せ、これを沈めてバーディー発進。7番で3メートル、9番で1・5メートルのパーパットを沈めるなど粘りを見せた。しかし、後半にスコアを落とす。12番パー4でフェアウエーバンカーからの第2打を池に入れて今大会初のダブルボギーを叩く。続く13番をバーディーを奪い返したが、悪い流れは変えられずに14番から3連続ボギー。296ヤードの17番パー4でワンオンに成功してバーディーとするも、3日連続の2オーバー72という結果となった。

 全米プロ選手権、出場10大会連続で進んだ決勝ラウンド。「2日間でどこまで上げられるか」と話していたが、ムービングデーでの巻き返しは叶わなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月21日のニュース