×

佐田の海 国技館ため息4敗目…大栄翔にはたき込みで敗れる 隆の勝は3敗守った

[ 2022年5月21日 17:37 ]

大相撲夏場所14日目 ( 2022年5月21日    両国国技館 )

<夏場所・14日目>佐田の海は大栄翔に敗れ、息を吐く(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 大相撲夏場所は21日、14日目の取組が東京・両国国技館で行われ、賜杯争いトップに並んでいる西前頭12枚目・佐田の海(35=境川部屋)は4敗の大栄翔にはたき込みで敗れ一歩後退した。勝った大栄翔は4敗を死守した。

 史上2位の年長記録となる35歳での初賜杯が期待される佐田の海は大栄翔と激しい立ち合い後、必死に突き出しを狙ったが、大栄翔のはたき込みに沈んだ。人気力士同士の対戦となったが、35歳の敗戦にため息がもれた。

 3人の3敗力士の先陣を切って登場した隆の勝は霧馬山と土俵中央で粘り合う展開に。最後は隆の勝の突き落としに霧馬山の右手がつき勝負あり。敗れた霧馬山は“しまった”とばかりに顔をしかめ悔しがった。

 <35歳での優勝>03年春場所初土俵から所要114場所で初優勝すれば旭天鵬の121場所に次ぐ史上2位。年6場所となった1958年以降、35歳0カ月で初優勝は旭天鵬の37歳8カ月に次ぐ2位となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月21日のニュース