×

大坂 全仏OPへ左アキレス腱痛も前向き「失うものはないから、いいプレーができるかも」

[ 2022年5月21日 05:30 ]

大坂なおみ
Photo By スポニチ

 テニスの4大大会第2戦、全仏オープン開幕を2日後に控えた20日、女子シングルスで初制覇を目指す大坂なおみ(フリー)がパリで記者会見し、左アキレス腱痛の影響で前哨戦のイタリア国際を欠場した経緯を踏まえ「痛みを抱えながら4大大会を戦ったことは多々ある。失うものはないから、いいプレーができるかも」と前向きに意気込んだ。球足の遅い赤土の全仏は過去3回戦が最高と苦手の大会。1回戦で第27シードのアマンダ・アニシモバ(米国)と対戦。連覇を狙った今年の全豪オープン3回戦で敗れた難敵との対戦となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月21日のニュース