×

星野陸也が最終ホールのバーディー締めで予選通過 「いやぁ汗の量がヤバイです(笑い)」

[ 2022年5月21日 10:12 ]

米男子ゴルフツアー 全米プロ選手権 第2日 ( 2022年5月20日    オクラホマ州 サザンヒルズCC=7556ヤード、パー70 )

11番、ティーショットを放つ星野(AP)
Photo By AP

 99位から出た星野陸也(26=興和)が難コースを2バーディー、2ボギーの「70」で回り、通算4オーバーの64位で予選通過を決めた。最終9番をバーディーで締めてカットラインをギリギリ突破。メジャーでは昨年の全米オープンに続き、自身2度目の決勝ラウンド進出となった。

 「いやぁ~汗の量がヤバイです。冷や汗の…。もう胃が痛いです」。決めれば決勝、外せば予選落ち。運命のパットは2メートル弱。最初はスライス、カップ際は真っすぐのライン。星野は「ほぼ真っすぐ、スライスを消しに行きました。ど真ん中から入ってくれて良かったです。優勝パットより緊張したかも」と笑顔をみせた。

 カットライン(4オーバー)とのせめぎ合いが続いた。パターを握る手がシビれた8番で痛恨のボギー。大ピンチに陥った。迎えた最終9番もティショットはバンカーへ。だがそこでスーパーショットが生まれる。残りは149ヤード。PWか9Iか、フォローの風も信じ、フルショットできるPWを握った。ピンをデッドに攻め、ギャラリーから大歓声が上がった。「本当に予選を通って良かった」と笑顔を見せた。

 決勝ラウンドに向けては「きょうのいいゴルフをさらに積み重ねて、最終日に上位にいけるように。均衡してると思うので、伸ばせば上位に行けると思うので頑張りたいです」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月21日のニュース