×

松山英樹は72で通算6オーバー「粘っていけたらと思ったけど落とし穴が」全米プロ第3日

[ 2022年5月22日 03:22 ]

米男子ゴルフツアー 全米プロ選手権 第3日 ( 2022年5月21日    オクラホマ州 サザンヒルズCC=7556ヤード、パー70 )

全米プロ第3日、3日連続72で通算6オーバーの松山(AP)
Photo By AP

 64位から出た松山英樹(30=LEXUS)は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72とスコアを落とし、通算6オーバーとなった。以下、ホールアウト後に中継局インタビューに応じた松山の主な一問一答。

 ――寒い中のスタートでした。
 「この変わり様は今年のマスターズで経験しているので。さほどびっくりすることはないんですけど、ゴルフはうまくいかなかったです」

 ――前半は耐えていました。
 「全然ショットがよくない中で、出だしのおまけみたいなバーディーでスタートすることができた。10、11番でパーセーブすることができたの、このまま粘っていけたらなと思っていたんですけど、落し穴がありましたね」

 ――12番は残り148ヤードくらいからのショットですけど、バンカーのアゴは気になりましたか?
 「アゴは気になりましたけど、ミスショットです」

 ――風なのか気温なのか、今日は縦距離が難しかったのでは。
 「どうなんですかね。体調の部分もあると思うんですけど、まあちょっと対応が難しかったですね」

 ――それでもアプローチは寄せていました。
 「そうですね、そこは昨日に比べたら少し良くなったなって感じです」

 ――最終日に向けては。
 「時間はいっぱいあるので、ゆっくり寝て、明日に備えたらなと思っています。いいゴルフができるように頑張ります」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月21日のニュース