バレー男子日本代表・西田にアクシデント 紅白戦中に転倒、苦悶の表情でコート去る

[ 2021年5月8日 14:40 ]

バレーボール男子日本代表紅白戦 ( 2021年5月8日    群馬・高崎アリーナ )

スタッフに抱えられてコートを去るバレーボール男子日本代表の西田     
Photo By スポニチ

 バレーボール男子日本代表のエース・西田有志(21=ジェイテクト)にアクシデントが発生した。紅白戦の第1セット序盤、紅組で出場していた西田が12―9とリードする場面でブロックにいった際にネット付近でいきなり転倒。右脚を押さえながら苦悶(くもん)の表情を浮かべた。

 西田が転倒すると有観客開催の会場も重たい雰囲気に包まれた。すぐさま、スタッフがかけつてケアを行ったが、試合に戻ることはできず。そのまま関係者に抱えられてコートを去った。

 その後、白組で出場予定だった大竹壱青(25=パナソニック)が西田に代わり、紅組に入って試合は続行となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月8日のニュース