池江璃花子、悲痛…五輪“開催ありき”への矛先向けられ「苦しい」

[ 2021年5月8日 05:30 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 白血病から驚異の回復で東京五輪代表に内定した競泳の池江璃花子(20=ルネサンス)が7日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない中、自身のSNSに五輪出場辞退や五輪開催反対に賛同を求める声が寄せられていることについて、異例の5連続投稿による長文で苦しい胸の内を明かした。

《池江のツイート全文》(原文のまま)

 いつも応援ありがとうございます。Instagramのダイレクトメッセージ、Twitterのリプライに「辞退してほしい」「反対に声をあげてほしい」などのコメントが寄せられている事を知りました。もちろん、私たちアスリートはオリンピックに出るため、ずっと頑張ってきました。

 ですが、今このコロナ禍でオリンピックの中止を求める声が多いことは仕方なく、当然の事だと思っています。私も、他の選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています。

 1年延期されたオリンピックは私のような選手であれば、ラッキーでもあり、逆に絶望してしまう選手もいます。持病を持ってる私も、開催され無くても今、目の前にある重症化リスクに日々不安な生活も送っています。私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません。ただ今やるべき事を全うし、応援していただいてる方達の期待に応えたい一心で日々の練習をしています。

 オリンピックについて、良いメッセージもあれば、正直、今日は非常に心を痛めたメッセージもありました。この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです。

 長くなってしまいましたが、わたしに限らず、頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく見守っていてほしいなと思います。

 《インスタも更新》池江は7日夜、インスタグラムのストーリーズも更新。「Twitter更新しました」との投稿に続き、「一度の発信でSNSのコメントは削除されても見た人の記憶には一生残ります」とつづった。自身のSNSに寄せられた五輪辞退などを求めた書き込みなどが削除されても、受けた心の傷は簡単には癒えないとの心境を語ったと思われる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月8日のニュース