貴景勝 11月場所前に結婚していた「純粋に一緒に頑張っていきたいと」優勝から一夜 妻の支えに感謝も

[ 2020年11月23日 10:51 ]

11月場所の優勝から一夜明け、オンラインによる記者会見で心境を語る大関貴景勝(日本相撲協会提供)
Photo By 共同

 大相撲11月場所で2度目の優勝を果たした大関・貴景勝が23日、オンラインで一夜明け会見に臨み、8月30日に婚約を発表した元大関・北天佑の次女の千葉有希奈さん(28)と本場所前に結婚していたことを明かした。詳しい日時は明かさなかったが、「私事ですが、11月場所の場所前に入籍しまして、頑張っていきたいなと思っていたところで、(優勝できて)良かったと思います」と明かした。この時期に入籍の理由について「純粋に一緒に頑張っていきたいと思ったから」と話した。

 さらに、「相撲の話しは基本しない。自分が一番分かっているので。食事の面とかそういうものでいろいろやってくれてます」と夫人のサポートに感謝。そして「土俵に上がるのは一人なので、生かすも殺すも自分でできることなので、とにかく頑張らないといけないと思った。喜んでくれていたので、これからもいい時ばかりじゃないので、悪い時もあると思うし、踏ん張っていけたらいいと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月23日のニュース