松生理乃が初優勝「本当にうれしい」全日本ジュニア選手権

[ 2020年11月23日 21:52 ]

フィギュアスケート全日本ジュニア選手権最終日 ( 2020年11月23日    青森県八戸市・フラット八戸 )

<全日本ジュニアフィギュアスケート選手権第最終日 女子フリー>演技をフィニッシュする松生理乃
Photo By スポニチ

 女子は松生理乃(16=中京大中京高)が198・38点で初優勝を飾った。

 22日のSPで首位発進すると、この日のフリーも会心の演技を披露。「SPもフリーもノーミスで優勝することができて、本当にうれしい」と胸を張った。

 今季はシニアの合宿にも参加。平昌五輪代表の坂本花織(シスメックス)と同じ班で汗を流し、「一歩一歩の伸びがすごいなって感動した。少しでも真似できればいいなと思って練習した」と言う。表現力が問われる5項目の演技点はトップで、磨いてきたスケーティング技術が生きた。

 200点に迫るハイスコアをマーク。「200点まであと少しというのは夢にも思わなかった。あと少しと思ったら欲も出る。200点を目指して頑張りたい」。今後はGPシリーズNHK杯(大阪)、12月の全日本選手権(長野)に出場。16歳のジュニア女王が大台突破を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月23日のニュース