7人制ラグビーが合宿中 “セブンズ伝道師”林大成「注目されるスポーツにしたい!」

[ 2020年10月30日 05:30 ]

合宿で行われた試合形式の練習で、ディフェンスする林大成(中央)
Photo By スポニチ

 東京都府中市で合宿中の7人制ラグビー男子日本代表の林大成(日本協会)がオンライン取材に応じ、“セブンズ伝道師”として競技の認知度向上を目指す考えを示した。

 今月12日に自身のYouTubeチャンネルに公開した、元お笑いコンビ「ブリリアン」でアメフト選手のコージ・トクダとのステップ勝負の動画は、約30万回再生と好評。「注目されるスポーツにしたい。活動を広げて自分自身が注目されれば」とファンの興味を引く動画投稿を予告した。練習では7分ハーフの試合形式を実施した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月30日のニュース