服部勇馬、福岡国際出場 MGC以来 マラソン五輪代表初

[ 2020年10月10日 05:30 ]

服部勇馬
Photo By スポニチ

 東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬(26=トヨタ自動車)が福岡国際マラソン(12月6日)に出場することが9日、分かった。東京五輪の男女代表決定以降、代表選手がマラソンに出場するのは初。服部自身、昨年9月の東京五輪代表選考会以来となるレースで2時間5分台を狙う。

 関係者によると、2年前に優勝した福岡国際はコースを熟知していることなどから五輪前のレースとして同マラソンを選択。既にエントリー済みで、40キロ走も複数回こなしているという。

 服部は同日、中部実業団選手権男子1万メートルに出場。この日の目標タイムの28分30秒を上回る28分16秒28をマークした。服部は「タイムに関しては上出来。内容も良かった」と手応えを口にした。

 今夏は1万メートルで自己記録を更新するなどスピード強化に成功した。「マラソンの日本記録(2時間5分29秒)を視野にトレーニングしていきたい」とマラソン初優勝を飾った福岡での偉業達成を誓っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月10日のニュース