渋野日向子、13位好スタート 12番4パットに「笑いも出んし怒りもせんし」

[ 2020年10月10日 03:00 ]

米女子ゴルフツアー全米女子プロ選手権《第1日》 ( 2020年10月8日    ペンシルベニア州アロニミンクGC(6577ヤード、パー70) )

渋野日向子
Photo By スポニチ

 日没サスペンデッドとなり、渋野日向子(21=サントリー)は5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの70で回り、イーブンで首位と3打差の13位と好位につけた。

 ――ティーショットは安定していました。
 「1つ外した7番も運よく(セカンドが)乗ってくれ切り替えができた。フェアウエーからミスショットも、ほぼほぼなかったと思う。これが明日もできれば予選は通過できると思う」

 ――イーブンに戻して終われた。
 「まあ…(12番の)4パットやっちゃったけん。笑いも出んし怒りもせんし、ただただ悲しいだけでした」

 ――最初のパットはどのくらい?
 「10メートルくらいですかね。オーバーして2・5メートルくらい。それをめちゃくちゃオーバーして。1メートルくらい。それで1メートルくらいオーバーした。5パットするのかな~って」

 ――メジャーの初日としては?
 「いやー、いいと思います。上出来だと思いますね。まあいろいろ激しい内容ですけど」

 ――パッティングは?
 「ロングパットはよくタッチが合っていました。これが明日につながればいいですけど。ショートパットも明日は外さないようにしっかり頑張ろうと思います。4パットはしないぞ!」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月10日のニュース