本田望結、シニア初戦の東京選手権123・31点、東日本選手権進出決める

[ 2020年10月10日 14:28 ]

フィギュアスケート東京選手権第2日 ( 2020年10月10日    ダイドードリンコアイスアリーナ )

女子フリーの演技をする本田望結(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 女子フリーが行われ、シニアデビュー戦の本田望結(16=プリンスホテル)は79・40点、合計123・31点だった。

 青と白の鮮やかな衣装で登場。冒頭の3回転サルコー―2回転トーループに着氷。後半のジャンプでミスがあったものの和風のナンバーを演じ切った。ショートプログラム(SP)では12位。「プレッシャーや緊張はなくて、お姉ちゃん(真凜)と一緒に大会に出るのが新鮮」とし「明日も全力で頑張ります」と語っていた。

 暫定2位につけ、上位18人が出場できる11月の東日本選手権(山梨)への出場権を獲得した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月10日のニュース