アメフト国内初女性監督が初陣星 関西外大・沢木由衣さん、前夜は眠れず

[ 2020年10月10日 14:03 ]

アメリカンフットボール・関西学生リーグ4部   関西外大13―9流通科学大 ( 2020年10月10日    神戸市王子スタジアム )

<アメリカンフットボール・関西学生リーグ4部>初陣勝利を飾った関西外大の沢木由衣監督
Photo By スポニチ

 アメリカンフットボールで国内初の女性監督、関西外大の沢木由衣さん(29)が初陣星を飾った。0―9で迎えた最終クオーターに13得点。残り56秒で逆転のタッチダウンパスが通ると、右手でガッツポーズした。公式戦初戦で勝利をつかみ「めちゃくちゃうれしかったのと、ホッとした感じです。諦めずに最後まで取り組んでくれたことが、結果として残って良かった」と声を弾ませた。

 1メートル48の小柄な体で、大男に挟まれながら戦況を見守った。戦術面はヘッドコーチに任せ、一歩引くような形で選手をみつめた。

 部のOBで、学生時代はマネジャー。社会人チームでも裏方で競技にたずさわり、今年2月、昨季3部から4部に降格したチームの監督に就いた。会社員をしながら、主に週末に練習を見ている。競技経験がない分、選手のモチベーションを引き出すなど、心の面をサポートしてきた。「前夜は眠れなかった」という重圧を感じながらの逆転星は、生涯忘れられない思い出になった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月10日のニュース