ワリエワが85・10点で首位発進 3A挑戦のトルソワは3位 ロシアカップ第2戦

[ 2020年10月10日 23:38 ]

ロシアのワリエワ
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの「ロシアカップ」第2戦がモスクワで開催され、10日の女子ショートプログラム(SP)では昨季の世界ジュニア女王で今季もジュニアながら参加したカミラ・ワリエワが85・10点の高得点で首位発進した。青と白の衣装で舞い、3回転フリップ、2回転半、ルッツ―トーループの連続3回転に成功。スピン、ステップも難なくレベル4でそろえた。

 ワリエワと同世代である昨季の世界ジュニア銀メダルのダリア・ウサチョワ(14)が質の高い演技で80・39点をマークして2位。17、18年世界ジュニア連覇のアレクサンドラ・トルソワ(16)は3回転半(トリプルアクセル)に挑戦。大技はステップアウトとなったが、75・77点で3位につけた。

 「ロシア・カップ」は9~12月にかけて全5戦を行う国内競技会。各選手が2大会に出場し、ロシア選手権の出場権を争う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月10日のニュース