渋野日向子、2R前半で3つ落とすも「イメージ通り打てる回数増えた」

[ 2020年10月10日 03:00 ]

米女子ゴルフツアー全米女子プロ選手権第1日 ( 2020年10月8日    米ペンシルベニア州アロニミンクGC=6577ヤード、パー70 )

第2ラウンド、10番でボギー発進となった渋野(AP)
Photo By AP

 日没サスペンデッドとなり、渋野日向子(21=サントリー)は5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの70で回り、イーブンで首位と3打差の13位と好位につけた。

 第2ラウンドが始まり、インから出た渋野は後半の1番終了時点で通算3オーバーとした。出だしの10番はティーショットを左のラフに曲げると第2打もグリーンを外しボギー発進。ティーショットがともに右に曲がった13、15番を落とし16番パー5は3打目のアプローチをミスしてボギーとした。18番ではチップインバーディーを決めて前半は3つ落として折り返し。初日は「イメージ通りに打てる回数が増えた」とショットに手応えをつかんだが、この日はチャンスをつくれず苦しいラウンドが続いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月10日のニュース