東京五輪組織委・武藤事務総長「困惑」英大学の研究で経費史上最大

[ 2020年9月15日 19:01 ]

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会が15日に行われ、終了後に武藤敏郎事務総長が会見を行った。

 4日にはAP通信が東京五輪の開催経費が大会史上最大だとする英オックスフォード大の研究結果を報道。研究では都市インフラ整備を含まない大会経費だけで158億4000万ドル(約1兆6800億円)に達し、1年延期となったことで、さらに数十億ドルが加わるだろうと予測している。

 開催経費について問われた武藤事務総長は「報道がなされたことは承知している。具体的金額の根拠も明らかにされていない。コメントのしようがない。このような数字が示されることに困惑している」と話し、「できる限り(経費を)抑制できるように簡素化、コスト低減に努めている」と続けた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月15日のニュース