ジャンボ尾崎 20年シーズン全試合欠場を示唆、プロ入り初「やろうという気持ちがなくなっている」

[ 2020年9月15日 16:17 ]

<ISPS HANDA ジャンボ尾崎記念チャリティトーナメント>インタビューに答える尾崎将司(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフでツアー通算94勝の尾崎将司(73)が20年シーズンの「全試合欠場」を示唆した。15日、千葉県内で行われた「ISPSハンダ医療従事者応援ジャンボ尾崎記念トーナメント」に参加し、残り試合で唯一の出場を予定していた11月のダンロップ・フェニックス(宮崎・フェニックスCC)への出場に関して「おそらく出ないだろう。今年はないのかな」と明かした。1970年のプロ転向後、試合に1度も出場しないシーズンは初めてとなる。

 尾崎将は今年の2月に今季の出場予定として中日クラウンズ、ANAオープン、ダンロップ・フェニックスの3試合に絞ることを明言していた。だが、コロナ禍で中日クラウンズとANAオープンは中止。開催を予定しているダンロップ・フェニックスも「あと2カ月、難しいね。今は、やろうという気持ちがなくなっている」と消極的だ。

 球打ちは5月から休んでおり、ラウンドに関しても「自慢じゃないんけど1ラウンドもしていない。1月からゼロ。これまでもあり得ないね」という。今後の予定については「様子を見ながらかな。来年もどうなるか分からんよ。元通りに状態になるか来年じゃ難しい。そうなると雑草取りに専念する」と慎重だが「みんなも、もうオレのことには興味を持たないだろう。勝負の神様がオレのことを見捨てているんだから」と、コメントは“口”調だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月15日のニュース