卓球女子代表、オールスター戦で男子に勝った 張本も女子の勢いにたじたじ

[ 2020年9月15日 05:30 ]

卓球日本代表による“夢の対決”で石川と対戦する張本(手前)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 卓球Tリーグのオールスター戦が14日、東京・大田区総合体育館で行われ、男女の日本代表による“夢の対決”は、女子がスピードとパワーに勝る男子を2―1で下す金星を挙げた。半年ぶりの実戦に臨んだ女子の石川佳純(27=全農)は「無観客だが人に見てもらってプレーするのは違う。緊張感があって楽しかった」と振り返った。

 試合は女子に4点のハンデを与えるなどの特別ルールで実施。男子の張本智和(17=木下グループ)は「早田選手のサーブが課題だった」と女子の勢いにたじたじの様子だった。出場を予定していた水谷隼(31=木下グループ)は体調不良のため欠場。宮崎義仁強化本部長は「少しでも体調が悪い人は入れない措置を取った」と欠場理由を説明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月15日のニュース