大坂の“発信力”にCM業界が熱視線「ナショナルクライアントから発注が増えるだろう」

[ 2020年9月15日 05:30 ]

全米オープン期間中、試合前に犠牲となった7人の黒人の名前が書かれたマスクを着用していた大坂(AP)
Photo By AP

 全米オープンで発信力も注目された大坂には、CM業界も熱視線を送る。広告代理店関係者は「差別や偏見に対するメッセージで世の中に勇気を与えた。今後は五輪スポンサーのようなナショナルクライアントから発注が増えるだろう」と予想した。

 大坂の現在のCM出演料は約1億円とされる。米経済誌フォーブスによると、大坂の年収は3740万ドル(約39億6400万円)で女子アスリートでトップだが、さらに上積みが見込めそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月15日のニュース