「ジャンボ記念チャリティT」で109人が熱戦 選手らにねぎらいの言葉

[ 2020年9月15日 05:30 ]

1番、選手を笑顔で見つめる尾崎将司
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの「ISPSハンダ医療従事者応援 ジャンボ尾崎記念チャリティトーナメント」は14日、千葉・ゴルフ5CCオークビレッヂで第1ラウンドを行った。

 賞金の20%を医療機関に寄付する大会の趣旨に賛同した109選手が参加。尾崎将司(73)は出場を見合わせたが会場には姿を見せ、選手、関係者らをねぎらった。ホストプロの谷原秀人(41=国際スポーツ振興協会)は「ジャンボさんは元気な姿を見せてくれるだけで、僕らはうれしい。笹生優花のことを“ありゃ~半端じゃない”とうれしそうに話していた」と感謝していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月15日のニュース