奈紗、日本勢最高7位に「自信になる」

[ 2020年9月15日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ANAインスピレーション最終日 ( 2020年9月13日    カリフォルニア州 ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

3番ホールでティーショットを打つ畑岡奈紗(AP)
Photo By AP

 21位から出た渋野日向子(21=サントリー)は1バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの78とスコアを落とし、通算2オーバーの51位で今季海外メジャー2戦目を終えた。69をマークした畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)が通算9アンダーに伸ばし、日本勢最上位の7位。李(イ)ミリム(29=韓国)が通算15アンダーで並んだ3選手によるプレーオフを1ホール目で制し、初のメジャータイトルを手にした。

  最終18番で8メートルのバーディーパットを沈めた畑岡が、表情を緩めた。海外メジャーでは2位だった18年全米女子プロ選手権以来、2度目の1桁順位。「日に日に良くなった。今週の結果は自信になる」と胸を張った。

 1番から3連続バーディー。その後はチャンスを生かせなかったが、最後で成長を見せた。最終日の平均飛距離308ヤードは上位選手ではトップ。昨年は池の前に刻んだ18番の2打目を、51で軽々とピン奥に運んだ。コロナ禍の中断期間に取り組んだ筋力強化の成果を実感。「伸びてくれないと困っちゃう」とおどける余裕も見せた。

 メジャーではなかなか結果を出せなかったが、収穫十分の7位フィニッシュ。「いいイメージでポートランド(次戦)にいける。優勝目指して頑張りたい」と米4勝目を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月15日のニュース