コロナ陽性のジョコビッチ「いくら謝っても足りない」 接触のNBAヨキッチも陽性判明

[ 2020年6月25日 05:30 ]

ノバク・ジョコビッチ(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出た男子テニスのノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)が23日、大会を主催した自身を含めて感染者が続出した慈善ツアー開催が時期尚早だったことを認め、改めて謝罪した。感染公表の数時間後にSNSで「我々は間違っていた。感染者にいくら謝っても足りない」とつづった。

 残り試合は中止となったが、選手や観衆に密接を許した軽率な運営に批判が殺到している。男子選手のクルーガー(米国)は「全米オープンのリスク増大は不可避」と訴え、世界ランク1位の陽性判明を「1歩進んで5歩下がる」と皮肉った。

 また今月中旬にベオグラードでジョコビッチと接触があったNBAナゲッツのヨキッチが陽性となったことも判明。感染の経緯は不明だが、騒動が飛び火した形となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月25日のニュース