「自分のプレーができるように」畑岡奈紗はパー発進 女子ゴルフ今季第1戦開幕

[ 2020年6月25日 09:01 ]

女子ゴルフツアー アース・モンダミン・カップ第1日 ( 2020年6月25日    千葉県・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72 )

<アース・モンダミン・カップ 第1日>1番、ティーショットを放つ畑岡奈紗 (Getty Images/JLPGA提供)
Photo By 提供写真

 午前8時半にスタートした世界ランク4位の畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)はアウトの1番から出てパーだった。ティーグラウンドでは竹内美雪、井上りこと談笑するなどリラックスムード。ティーショットをフェアウェーに乗せると、ピン左横8メートルに3オン。バーディーチャンスは1メートルオーバーしたが、慎重にパーパットを沈めた。

 今年1月の米女子ツアーで2戦して連続2位。3月に帰国後は茨城県の自宅で調整し約5カ月ぶりの実戦に臨んだ。スタート前は雨の降りしきりるなかで、インターネット中継のインタビューに応じ「自分のプレーができるように頑張りたい。距離が長いホールはしっかりパーを拾って、短いホールでチャンスにつけて、リズムに乗りたい」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月25日のニュース