降雨中断の女子ゴルフ 34分後に競技再開

[ 2020年6月25日 10:44 ]

女子ゴルフツアー アース・モンダミン・カップ第1日 ( 2020年6月25日    千葉県・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72 )

<アース・モンダミン・カップ 第1日>1番、笑顔を見せる渋野日向子 (Getty Images/JLPGA提供)
Photo By 提供写真

 女子ゴルフツアーの今季第1戦、アース・モンダミン・カップ(賞金総額2億4000万円、優勝賞4320万円)は降雨によるコースコンディション不良のため当初の予定より1時間遅れの午前8時から競技をスタートさせた。

 途中、雨が激しくなり、グリーン上に水が浮くなどのコースコンディション不良のため午前10時6分に競技を中断。34分後の午前10時40分に競技を再開した。

 この時点で木戸愛(30=ゼンリン)、リ・ハナ(18=韓国)、小貫麗(21=GOLF5)の3人が2アンダーで首位。畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)、“ミレニアム世代”安田祐香(19=NEC)らが1アンダーで4位グループ。アウトスタートの渋野日向子(21=サントリー)は5ホールを終了し、2オーバーの44位グループに付けている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月25日のニュース