米PGAツアーで欠場者続出 新型コロナ感染の影響で5選手が出場取りやめる

[ 2020年6月25日 15:15 ]

RBCヘリテージで優勝したウェブ・シンプソン(AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのPGAツアー、トラベラーズ選手権(コネティカット州クロムウェル)に出場を予定していた米国のブルックス・ケプカ(30=米国)やウェブ・シンプソン(34=米国)を含む計5選手が、24日までに欠場を表明した。

 世界ランキング4位のケプカはキャディーの感染が判明したことを受け「ほかの選手に影響を与えたくない」として欠場を決断。同じく出場予定だった弟のチェイス・ケプカ(26=米国)も欠場を決めた。
 
 前週のRBCヘリテージを制したシンプソンは、家族が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため、安全に万全を期すために欠場。トラベラーズ選手権での検査で陽性となったキャメロン・チャンプ(25=米国)はツアーから離れ、グレーム・マクドウェル(40=英国)もキャディーの感染を理由に出場を断念し、AP通信の取材に対して「雪玉が徐々に大きくなっているようだ」とツアーへの感染拡大を懸念していた。

 PGAツアーのジェイ・モナハン会長(50)はトラベラーズ選手権を予定通り(25日開幕)無観客で実施することを表明。ただし安全基準をさらに厳格化する方針を示している。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月25日のニュース