五輪マラソン代表 鈴木亜由子が地元愛知で壮行会 早期回復誓った

[ 2020年2月23日 05:30 ]

五輪での活躍を誓う鈴木亜由子
Photo By スポニチ

 東京五輪マラソン女子日本代表の鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)が22日、地元の愛知県豊橋市で行われた壮行会に出席した。米国合宿中の1月下旬に右太腿裏に肉離れを起こしたが「豊橋は原点であり力の源。皆さんに力をもらって前向きになれた」と早期復活を誓った。ケガをしたことで、今月16日の熊日30キロロードレースを欠場。五輪に向けたスケジュールの修正を余儀なくされ、不安になることもあったというが「(ケガは)質の高い練習にトライした結果で手応えもあった。覚悟を持って金メダルを目指したい」と力強く語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月23日のニュース